人の命を支える水。人の健康に直結する「水」だからこそ、それをきれいにするものが、有害であってはならないと考えます。
当社では、天然素材を原料とした「安全」で「無害」な凝集剤“ PGα21Ca ”の製造を行っています。

PGα21Caにより生成された沈殿物(フロック)を利用する方法

従来、繰り返し行われる浄化工程で使用する凝集材の量は、対象となる汚水の水質によって決定され、毎回同じ量が投入されます。
しかし、PGα21Caにより生成された沈殿物(フロック)を再び凝集層で利用することにより、新たに加える凝集剤の量を減らすことができます。PGα21Caの使用量を抑えることにより、コストも大幅に削減することができます。

凝集映像が確認できます。

沈降

凝集

原水(池の水)

● 特徴
・ フロックの形成が速く、沈降に要する時間が短い(当社比)
・ 原水のpH値がpH4〜12の広範囲にわたり使用可能
・ 他の凝集剤と比較して処理水のpH値変動が小さい
・ 環境省が定める優良試験所基準を満たす試験機関で
 生態影響試験をクリア
・ 水中の重金属類の除去に効果を発揮する
・ フロックの含水率が低いため、汚泥処理のコストが軽減できる 
・ PACをはじめとした、他の凝集剤との併用が可能
● 安全性試験

れの成分がフロックとなり、その後沈降もしくは浮上し
原水の濁度が改善されます。

20kg

凝集剤とは?
汚濁水中に分散している汚濁のもととなる微細粒子を集合させて、沈降・浮上を促進するために用いられる薬剤のことをいいます。凝集剤の働きによってできる微細粒子の集合体はフロックと呼ばれます。処理水を固液分離すると、透明な水を得ることができます。
※ 水質によっては色が残る場合があります。